関東甲信で大雪 前橋で15cm

本州の南海上を進む「南岸低気圧」の影響により、関東甲信地方の広い範囲で昨夜から雪が降り、内陸や山沿いを中心に大雪となっています。先週のような強い降りではないですが、関東南部や東京都心でも、数センチ積もっているところがあります。足元が悪く交通機関が乱れる可能性があるため、時間に余裕をもってお出かけください。雪は昼頃には止んでくる見込みです。

■各地の最深積雪 (10時現在)
河口湖…25cm、秩父…17cm
前橋…15cm、宇都宮…8cm
熊谷…6cm、水戸…6cm
東京都心…1cm、横浜…1cm

なお、あす朝は関東北部の最低気温は軒並み氷点下の予想。きょう降った雪が再びかちこちに凍結する見込みですので、転倒やスリップ等には十分にお気を付けください。

南岸低気圧通過による降雪量予想(~昼前)
エリア 降雪量(多いところ) ピーク
甲信地方 20cm 1~4時
関東北部 山沿い20cm
平野部10cm
3~6時
箱根、多摩、秩父 10~15cm 3~6時
関東南部 平野部5~10cm 3~6時
東京23区 1~3cm 3~6時
その他留意事項(~昼前)
関東全域 交通障害、路面凍結、着雪、風雪
首都圏 +交通機関の乱れ、通行規制等

◆関東甲信の降雪のポイント
関東北部、内陸山沿い中心に大雪
首都圏もうっすら 交通機関に乱れも
お昼過ぎには止む見込み


がんちゃんです。
先日の雪が融け切らないうちの降雪となりましたが、この雪のあとはまた低温で凍結してしまうため、あす以降にかけても足元には十分な注意が必要です。北海道出張用の雪用ブーツが思わぬ形で重宝しております。今冬は冬将軍の手加減なしという感じですが、厳しい寒さが落ち着いてくるのは、連休明けのバレンタインデー頃になりそうです。あまり寒さに最近は家からなかなか出ることができません。。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。