関東南部に大雪警報 都心も20cm超

南岸低気圧の通過に伴い寒気が引き込まれ、東北~関東甲信地方の広い範囲でまとまった雪となっています。
首都圏でも4年ぶりの大雪となり、交通機関に大きな乱れが生じています。今夜遅くにかけて雪のピークとなり、関東南部でも20cmを上回るところがあるでしょう。
低気圧接近で風も強まるため、横殴りの雪となりますのでご注意ください。

■各地の積雪 (21時現在)
前橋…29cm、宇都宮…22cm
東京都心…21cm、さいたま…16cm
水戸…18cm、横浜…18cm

南岸低気圧通過に伴う大雪の見通し(~あす朝)
エリア 注意時間帯・ピーク 降雪量
東北南部 23日未明にかけて 30cm
甲信・関東北部 18~24時降雪ピーク 30cm
多摩・秩父・箱根 18~24時降雪ピーク 25cm
関東南部 18~21時降雪ピーク 20cm
東京都心 18~21時降雪ピーク 20cm
降雪量は山沿い中心に多いところの目安
その他留意事項(~23日)
東北南部・甲信
関東北部
大雪による視程障害と交通障害
(雪用タイヤ装着)、着雪など
関東南部 平野部でも広範囲で積雪
帰宅時間帯にピーク 交通機関乱れ
翌朝にかけて路面凍結や交通障害

東京都心、首都圏でも10~15cmに達し、遅い時間ほど交通機関の影響が高まりますので、時間に余裕をもってお出かけください。
また、あすの朝も凍結路面で足元が悪くなりそうですので防寒対策もしっかり行いましょう。

今回はAとBの中間になります

↑ 関東ほぼ全域で積雪

※今夜の雪のポイント
今夜21時にかけて大雪ピーク 風も強まる
南部平野部も大雪 交通機関大きな乱れ
あす朝以降も凍結スリップ警戒

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。