関東平野部の雪の見通し

あすは南岸低気圧の通過が予想され、東~西日本の広い範囲で雨や雪となりそうですが、低気圧が寒気を引き込むため、午後から夜遅くにかけては東北~関東甲信地方の広い範囲で雪になる見込みです。
現在の予想では、①上空の気温、②低気圧の発達度、③寒気の引き込み具合を考えて、

南岸低気圧通過に伴う大雪の見通し(~22日)
エリア 見通し 降雪量
東北南部 23日未明にかけて降雪 15cm
甲信・関東北部 15~24時ころ降雪 15cm
多摩・秩父・箱根 15~24時ころ降雪 15cm
関東南部 夜にかけて雪に変わる 5cm
東京都心 夜にかけて雪に変わる 3cm

※予想降雪量はあくまで多いところの予想めやす

その他留意事項(~23日)
東北南部・甲信
関東北部
大雪による視程障害と交通障害
(雪用タイヤ装着)、着雪など
関東南部 平野部でも積雪のおそれ
翌朝にかけて路面凍結や交通障害

東京都心、首都圏でも雪が積もるおそれがあり、遅い時間ほど交通機関に影響が出る可能性がありますので、時間に余裕をもってお出かけください。
また、日中は底冷えの寒さで足元も悪くなりそうですのでご用心ください。

↑ 内陸部は雪、沿岸部は雨の予想

↑ 夜にかけてまとまった雨雲がかかる

※月曜日の雪のポイント
過去に関東で大雪になった天気図パターン
東北南部、甲信、関東北部は大雪に警戒
南部平野部も雪に変わって積もるおそれ


がんちゃんです。
お正月にインフルエンザにかかり断念したため、今週末は北海道のニセコでパフパフ・モフモフしております。しかし、北日本も低気圧通過後に寒気が入り、道内の日本海側では暴風雪や吹雪になっているところがありますので、視程障害や交通障害に注意が必要です。

昨日の羊蹄山

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。