「冬の嵐」引き続き警戒

オホーツク近海で低気圧が猛烈に発達し、北日本中心に暴風や高波による被害が相次いでいます。
ピークは越えつつありますが、この低気圧は動きが遅いため、あすにかけても北日本と北陸地方を中心に大荒れの天気が続く見込みですので、暴風や高波、猛吹雪に引き続き警戒してください。
きょうも北海道襟裳岬で36.6m/s、山形県酒田市で29.8m/sの暴風を観測しました。

低気圧発達に伴う防災事項
エリア 暴風 (瞬間風速) 高波 大雪
北海道 25m/s (35m/s) 6m 40cm/日
東北 23m/s (35m/s) 7m 70cm/日
北陸 22m/s (35m/s) 7m 80cm/日
関東甲信 70cm/日
その他留意事項
~28日(木) 猛吹雪による視程障害と交通障害
大雪による交通障害や落雪

太平洋側の各地は概ね冬晴れとなりますが、名古屋や仙台など雪雲が吹き抜けるところでは一部降雪となります。風が冷たく気温が低い状態は続きますので防寒対策は万全に!!

週末は強い風もおさまって、日本海側の雪も小康状態になりそうですが、大晦日はまた次の低気圧がやってきて、年始は再び冬型が強まりそうです。

◆警戒のポイント
低気圧猛発達!! 沿岸部や山岳域は暴風雪
東北〜北陸は発達した雪雲 大雪警戒!
暖気後の大量降雪 なだれにも注意


がんちゃんです。
北日本は大荒れの天気が長びいて各地で被害も相次いでいますので、引き続き警戒を続けてください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。