内陸部で大雪のおそれ

台風21号は午後には三陸沖に抜け、夜には北海道の東海上に達する見込みで、北日本も沿岸部を中心に非常に強い風が吹き荒れますので、暴風や高波に警戒が必要です。
台風は温帯低気圧化し強い寒気を引き込むため、北海道の内陸部ではあす朝にかけて湿った雪となる見込みで、平野部を含めて大雪となるおそれがあります。大雪と暴風雪による交通障害や着雪にご注意ください。

↑ 月曜日18時の雨雲と寒気

【最大24時間降雪量】(~23日18:00 多いところ)
40cm:北見・紋別地方
30cm:上川地方、網走地方、十勝地方(山地)
20cm:石狩・空知・後志地方、釧路・根室地方(山地)

がんちゃんです。

台風がスピードアップし北日本でも急速に雨風が強まりそうです。台風が寒気を引き込み、道内では雨が雪に変わり、ドカ雪や猛吹雪となるおそれがありますのでご注意ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。