大型台風 週明けに直撃へ

フィリピンの東海上にある台風21号は勢力を強めながらジワジワ北上して
週明け月曜日朝には東~西日本の太平洋沿岸にかなり近づき上陸する可能性が高くなっています。
上空には西風が吹いていて、東側は太平洋高気圧がブロックしているため、ちょうど日本列島が通り道となる予想です。
特に週明け月曜日は台風の進路如何で大荒れの天気となり、交通機関にも大きな影響が見込まれますので、ご予定の変更や早めの備えを行いましょう。

太平洋高気圧の縁を進む見込み

◆台風21号のポイント
秋雨前線+台風本体=二段階のW大雨
大型化、広範囲で強い風と高波
日本に近づきスピードアップ

【大雨】
土曜日後半~日曜日は秋雨前線が活発化し、東~西日本の太平洋側で大雨となるおそれ。
月曜日は台風本体の雨雲がかかり猛烈な雨のところも。

【暴風】
沖縄・奄美は土曜日から、九州南部は日曜日から風が強まり、次第に暴風となる。
月曜日朝は関東、東海を中心に暴風となり、交通機関にかなりの影響あり。

【高波】
沖縄・奄美ではきょう後半から5m、あすには8mを超える大しけに。
東~西日本の太平洋側も、あす土曜日後半から4mの高波とうねりに警戒。

↑ 23日(月曜日)09時の雨域予想





がんちゃんです。

夏の名残と冬の進出の攻防が激しくて秋雨の影響が長引いていますが、台風の接近によりこの週末はまた雨のトンネルに入ってしまいそうです。選挙日も足元が悪くなりそうですが、特に月曜日は雨風のピークで大荒れとなりそうですので、無理なお出かけは控えた方がよさそうです。秋台風特有の大雨や暴風、高波の災害に十分ご注意ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。