梅雨空に晴れ間あり 週末かなり蒸し暑く

梅雨前線上に発生した低気圧はあす26日(金)にかけて日本海から東北付近を東進し、前線が本州付近を通過する見込みです。このあと日本海側から雨雲が広がり、あすにかけて西~北日本の広範囲で雨が降る見込みです。

北陸や東北地方も雨脚の強まるところがありますので雨の降り方に注意してください。長崎県佐世保市ではたった半日で6月1か月分の降水量に匹敵する280ミリの雨を観測し、土砂災害や川の増水、道路の冠水などに引き続き警戒が必要です。

異音がしたら要注意

今週末も前線や湿った空気などの影響で不安定な天気が続きますが、27日(土)は晴れ間の出るところもありそうです。洗濯物を片付けるチャンスとなりますが、日差しの届く地域を中心にかなり蒸し暑くなりますので、熱中症に十分注意してください。室内ではエアコンや扇風機、除湿器などを利用してジメジメした空気を吹き飛ばしましょう。

体調の異変を感じたら

27日(土)は沖縄から九州、四国地方と北海道、東北北部は曇りや雨のスッキリしない天気が続く見込みです。一方、中国や近畿、東日本、東北南部はいったん天気回復して晴れ間の出るところが多くなる見込みです。ただ、午後は関東付近で局地的ににわか雨や雷雨の可能性がありますので、空模様の変化に注意してください。

28日(日)も北海道は気圧の谷が通過するため、雨が降りやすいでしょう。また、西日本や東海地方は梅雨前線の影響で西から雨雲が広がり、次第に本降りの雨になる見込みです。東日本や東北地方も変わりやすい天気となりますので、お出かけの際は雨具を持っておきましょう。一方、沖縄は先島諸島を中心に夏空が戻る見込みです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。