週末は西日本中心に大雨のおそれ

きょうは移動性高気圧に覆われ、全国的に晴れてカラッとした暑さになっています。ただ、あす金曜日は西から天気が崩れ、週末にかけて西日本を中心に大雨となるおそれがあります。

今週のはじめに沖縄・奄美地方の梅雨入りが発表されました。西〜北日本の梅雨入りはもう少し先となりますが、雨の季節は着実に近づいています。気象情報をこまめに確認し、自治体が公表しているハザードマップなどでお住いの地域の土砂災害や浸水の危険エリアについて確認したり、側溝や雨どいを掃除するなど大雨への備えをしておきましょう。

あす15日(金)も北・東日本はおおむね晴れて暑さが続きますが、西日本は前線が近づくため、西から天気が崩れて午後から雨に。九州地方では次第に雨脚が強まり、激しく降るところがあるでしょう。
さらに16日(土)は西日本から東日本太平洋側を進む低気圧や前線の影響で沖縄と九州〜東北地方の広範囲で雨となり、西日本や東海地方では活発な雨雲がかかり、大雨となるおそれがあります。

16日(土)09時の予想降水域

また、フィリピン付近を北上中の台風1号は17日(日)から18日(月)にかけて沖縄の南海上〜本州の南海上を北東進する見通しで、沖縄・奄美地方は強風やうねりを伴って高波に警戒が必要です。また、九州南部は停滞する前線や湿った空気の影響で17日(日)も活発な雨雲がかかり、雨量が多くなるおそれがあります。最新の気象情報・台風情報に留意してください。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。