土曜日にかけて再び荒れた天気に

きょう16(木)も広い範囲で晴れて洗濯日和となっていますが、関東甲信や東海地方は午後は大気の状態が不安定となり、夜にかけて急な雨や雷雨に注意が必要です。
あす17日(金)午後から18日(土)にかけては上空に寒気を伴った低気圧が本州付近を通過するため、九州~東北地方の広い範囲で天気が崩れて荒れた天気となるでしょう。

18日(土)正午の雨風分布予想

17日(金)は西から雨雲が広がり、関東地方も夜になると雨が降り始める見込みです。18日(土)は特に東海や関東、東北地方の太平洋側で雨風強まり、東北地方では暴風や高波に警戒が必要です。

19日(日)は東北地方や北陸~山陰地方の日本海側で午前中は雨が残りますが、午後は天気回復に向かう見通しです。北海道や西・東日本の太平洋側は日中晴れ間がある見込みですが、西から次の低気圧が近づくため、沖縄や西日本は次第に雲が広がり、夜になると雨の降り始めるところがあるでしょう。

来週にかけて全国的にスッキリしない天気となる日が多くなりそうです。外出自粛やテレワーク等で自宅に閉じこもる日々が続いていますが、陽射しが届く日は窓を開けて積極的に日光浴を行うようにしましょう。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。