週末は寒の戻り 不安定な天気に

今週は全国的に気温が上がり、今年一番の暖かさとなったところもありました。春本番の陽気に誘われて”もんしろちょう”が平年より早く飛び始めています。

< もんしろちょうの初見日 >
◇3/9 佐賀(-4日), 熊谷(-19日), 高松(-7日), 宇都宮(-16日)
◇3/11 福岡(-6日), 松山(-7日)
※カッコ内は平年比

ただ、ポカポカ陽気はいったん明日(13日)までで週末から来週火曜日の朝にかけて寒の戻りとなりそうです。体調を崩さないように服装で上手に調節しましょう。

きょう12日(木)は移動性高気圧に覆われて広く穏やかに晴れていますが、あす13日(金)は早くも天気は下り坂に向かうでしょう。

北日本~北陸と沖縄・奄美地方は低気圧や前線の接近通過に伴い、天気が崩れ、沖縄は雷を伴った激しい雨に注意が必要です。

13日(金)09時の予想降水域

14日(土)は本州南岸を低気圧が進むため、九州~東北地方の広範囲に雨雲が広がり、東海や関東では冷たい雨となりそうです。

また、伊豆諸島では激しく降るおそれがあります。海上を中心に風が強まる見込みですので強風や高波にもご注意ください。

14日(土)09時の予想降水域

15日(日)は晴れていても天気の急変に注意が必要です。上空に強い寒気を伴った気圧の谷が近づくため、西・東日本と東北地方は大気の状態が不安定になる見込みです。日曜日午後から月曜日にかけて各地で急な雨や雪、突風等に注意が必要です。

15日(日)21時の予想降水域と上空の寒気

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。