3連休天気は周期変化 土曜日は暖かい雨に

2月下旬に入り、寒さの中にも春の兆しが感じられる頃。梅の花や早咲きの桜が咲き始め、今年も花粉飛散が本格化。職場でも花粉症の症状が出始めている方が続出中です。。。花粉症の方もそうでない方も外から帰ったら玄関口で花粉を落とすなど思いやりの行動を心がけたいですね。

さて、2月23日(日)は天皇誕生日の祝日、振替休日を含めて3連休という方も多いはず。この週末は高気圧と低気圧が周期的に通過する春の天気パターンになり、北・東日本を中心に気温の乱高下が大きくなりますので体調管理に気をつけましょう。

あす金曜日は移動性高気圧に覆われるため、東北地方の一部地域を除き、広く穏やかに晴れるでしょう。変わって、土曜日は低気圧が発達しながら日本海を進むため、西~北日本の広い範囲で暖かい雨となり、沿岸部を中心に風が強まる見込みです。午前中は西日本を中心に、午後は東・北日本を中心に雨が降り、積雪の多い地域ではなだれや融雪・落雪に注意が必要です。

22日(土)09時の予想天気図

日曜日は一転、西高東低の冬型気圧配置となり、北または西寄りの風が強まるでしょう。北日本は日本海側を中心に冬の嵐になりますので、暴風やふぶきに警戒してください。

23日(日)09時の予想天気図

西・東日本は日曜日と月曜日は高気圧に覆われて洗濯日和・お出かけ日和になるでしょう。春を探しにお出かけしたくなる頃ではありますが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにも人混みはなるべく控えないといけないですね。

沖縄は3連休中はおおむね晴れが続く見通しで、来週にかけて日に日に気温が上がり、季節先取りの暖かさとなりそうです。

24日(月)09時の予想天気図

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。