太平洋側は晴天続き 北日本は周期変化

街中はイルミネーションに輝き、聴こえてくるクリスマスソングを口ずさむ12月も中旬。きょうは12月12日(いい字一字)の語呂合わせで「漢字の日」です。皆さんが思う令和元年を表す漢字一字は何ですか?

この週末は北日本と北陸は周期的に天気が変わりますが、関東から西の太平洋側はおおむね晴天が続き、土日ともにお出かけ日和となるでしょう。気温は平年並みか少し高く、14日(土)は15℃を超えるところもあるでしょう。

◆北日本と北陸は周期変化

きょう12日(木)は発達する低気圧の影響で冬型の気圧配置が強まり、北海道や東北北部の日本海側はあす13日(金)の明け方にかけて暴風や猛ふぶきによる交通障害や視程障害、沿岸部は高波に注意が必要です。13日(金)の日中は西から高気圧に覆われて晴れ間が広がるでしょう。

14日(土)になると前線を伴った低気圧が再び通過するため、広く雨や湿った雪が降るでしょう。低気圧通過後は冬型気圧配置となり、日本海側は北西の風が強まる見込みです。電線着雪による停電などに備えておくと安心です。15日(日)は次第に高気圧に覆われて天気は回復に向かうでしょう。

14日(土)09時の予想天気図

↑北日本や日本海側で天気崩れる

15日(日)09時の予想天気図

↑高気圧に覆われて広く晴れ

◆太平洋側は晴天続く

西日本日本海側も14日(土)は低気圧から延びる前線の影響で雲が広がりやすいでしょう。一方、関東から西の太平洋側は15日(日)にかけて大きな天気の崩れはなく、この週末はお出かけ日和となるでしょう。

来週は気圧の谷が通過するため、天気の崩れる日もありますが、気温は高めでコート要らずの暖かさとなる日もあるでしょう。暖かいと油断してしまいそうですが、今年もインフルエンザは流行しており、学級・学年閉鎖や休校している学校が急増中です。外から帰宅された際は手洗いやうがいをしっかり行いましょう。

風邪・インフルエンザ予防を

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。