週末も梅雨空 雨脚強まるところも

梅雨前線が九州の南海上に南下したため、鹿児島・宮崎を中心とした断続的な激しい雨は落ち着きましたが、これまでの大雨で地盤が緩んでいますので土砂災害や急な川の増水・氾濫に引き続き警戒してください。一方、前線が停滞している種子島・屋久島地方では断続的に激しい雨が降っており、東海や関東甲信地方も朝から本降りの雨となりました。

↑土砂災害の前兆現象に注意

きょう4日(木)は梅雨前線から遠い日本海側は陽射しが届き、あす5日(金)にかけて束の間の洗濯日和となるでしょう。

ただ、7月最初の土日は梅雨前線が本州南岸付近に停滞する見通しで沖縄・奄美~東北の広い範囲でスッキリしない天気となりそうです。沖縄・奄美地方は週末にかけて断続的に雨が降り、西~東日本の太平洋側も活発な雨雲がかかる可能性がありますので、最新の気象情報を確認してください。

6日(土)09時の予想天気図

↑本州南岸に前線停滞

6日(土)未明の予想降水域

↑関東 あす夜も雨脚強まる可能性

北海道も気圧の谷の影響であす5日(金)にかけて天気が崩れますが、土日は日本海側を中心に陽射しの届く時間が長いでしょう。この週末、北日本は乾いた空気が入り比較的過ごしやすいですが、そのほかの地域は湿気たっぷりでムシムシと感じられそうです。梅雨真っ只中、エアコンや扇風機、除湿剤を利用して快適にお過ごしください。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。