週末は雨風強まるおそれ

本州付近を移動性高気圧が進み、きょう13日(木)は上空の寒気も抜けて九州~東北地方の広い範囲で安定した青空が広がっています。東北~関東地方の太平洋側も久しぶりに日差しが届き、絶好の洗濯日和ですね!

東日本や北日本はあす日中にかけて晴れが続く見込みですが、この週末は全国的に天気下り坂となり、土日は雨風が強まり荒れた天気となるおそれがあります。

14日(金)21時の予想天気図

↑14日(金)は沖縄と九州南部で激しい雨に注意

沖縄本島や奄美地方、九州南部はあす14日(金)にかけて発達した雨雲がかかり、局地的に非常に激しく降るおそれがあります。あす金曜日は九州北部~近畿地方も次第に雨雲が広がり、傘の出番となるでしょう。

15日(土)~16日(日)にかけて低気圧が発達しながら本州付近を進む見込みで、15日(土)は西・東日本と東北地方で、16日(日)は北日本を中心に雨風が強まるおそれがあります。雨風の強まる時間帯等については最新の気象情報を確認してください。16日(日)は西から天気は回復し、西日本は晴れ間が広がりそうです。

15日(土)21時の予想天気図

↑低気圧が発達しながら本州付近を北上

16日(日)21時の予想天気図

↑北日本は暴風・高波にも警戒

ここ数日間は東北~関東地方の太平洋側で梅雨寒が続いていましたが、本州付近はこの週末から来週にかけて南から暖かな空気が流れ込みやすく、蒸し暑くなる日が多くなりそうです。体感温度が大きく変わり体調を崩しやすくなりますので、熱中症などに十分注意してください。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。