天気下り坂 九州・四国は強雨注意

きょう6()は高気圧に覆われて全国的に晴れて強い陽射しが降り注いでいます。関東から西のエリアは夏の空気(上空1500m付近に15℃以上)に覆われ、真夏日となるところが多いでしょう。東京都心は午前中に30℃を超えて10日ぶりに真夏日になっています。熱中症にはくれぐれもご注意ください。

7日(金)09時の予想天気図

ただ、今夜遅くになると九州の西から前線が接近し、あす7()から8()にかけて前線を伴った低気圧がやや発達しながら日本海西部~三陸沖を東進する見込みで、全国的に天気は下り坂となるでしょう。

九州地方は7()未明から昼頃をピークに雨脚が強まり、四国~東海地方の太平洋側も南西風による暖湿な空気の流入により、雷を伴って局地的に激しい雨の降るおそれがあります。九州~近畿地方はあす夕方にかけて傘が手放せず、東海~東北地方もあす午後から8()にかけて雨が降るでしょう。

8日(土)09時の予想天気図

低気圧通過後は梅雨前線が南海上に停滞し、8()以降は沖縄・奄美地方に梅雨空が戻り、局地的に雷を伴って激しく降る時間帯もありそうです。一方、本州付近は西から天気回復し、西日本は晴れる所が多いでしょう。北海道と東北北部も晴れますが、東日本はその後も雲が多く内陸部でにわか雨の可能性がありますので雨具をもってお出かけください。 

この週末から来週にかけては暖かい空気が南へ後退するため、全国的に平年並みの気温に落ち着き、これまでのような季節外れの暑さからは解放されそうです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。