季節外れの暖かさ 北日本は寒の戻り

今週は全国的に気温が上がり、きのう(17日)は北海道で夏日を観測。沖縄~関東地方には「高温に関する異常天候早期警戒情報」が気象庁から発表されており、この週末から来週にかけて各地で平年より気温が高くなる見通しです。暑さに慣れていない時期ですので熱中症には十分ご注意ください。

↑熱中症対策を

あす19日(金)は前線を伴った低気圧が北海道の北を東進し、寒冷前線が北~東日本付近を通過する見込みです。

19日(金)09時の予想天気図

北日本と東~西日本の日本海側は19日未明から昼頃にかけて雨が降りやすく、関東沿岸も夕方以降ににわか雨の可能性がありますので、お出かけの際は折り畳みの傘を持っておくと安心です。

前線通過後は北日本の上空に寒気が流れ込むため、北海道や東北地方は気温急降下、週末にかけて寒の戻りとなるでしょう。

19日(金)21時の上空の暖気と寒気

↑北日本は寒の戻り

この週末は日本付近を移動性高気圧が進むため、西~東日本は土日ともに日中晴れて洗濯物もよく乾きそうです。北日本は20日(土)にかけて雲が多く空気もヒンヤリ。21日(日)は次第に寒気は抜けて陽射しも戻り、東北地方はお花見日和となりそうです。

沖縄 先島諸島はスッキリしない天気が続く見込みです。21日(日)は気圧の谷が接近し、沖縄本島や九州地方も次第に天気が崩れる見通しです。

20日(土)09時の予想天気図

↑高気圧に覆われて広く晴れ

21日(日)21時の予想天気図

↑気圧の谷が接近 九州も次第に雲広がる

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。