土曜は東・北日本で荒れ模様

15日(金)から16日(土)にかけて上空に強い寒気を伴った気圧の谷が通過するため、西日本では大気の状態が不安定となります。落雷や突風、急な強い雨に注意してください。

16日(日)正午の雨と風の予想

↑東海上で低気圧発達

また、16日(土)は発達する低気圧の影響で東日本や東北地方の太平洋側は風が強まり、昼頃から荒れた天気となるおそれがあります。積雪の多い地域では急速な雪解けにご注意ください。17日(日)は西から高気圧が進み、太平洋側を中心に青空が広がるでしょう。日本海側は午前中は雨や雪が降りやすいですが、午後は晴れ間が広がる見込みです。

各地の予想最高気温

ここ数日は比較的暖かい日が続いていましたが、週末にかけてはこの時期らしい肌寒さとなります。ただ、来週は気温が上がって春本番の暖かさとなりそうです。サクラの季節もまもなくですね。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。