3連休中日は秋晴れ

秋雨前線が西日本から東日本の南岸に延びており、前線に伴う雨雲が九州〜東北南部に広がっています。高気圧に覆われている東北北部や北海道もきょう21日(金)は次第に雲が広がり、あす22日(土)にかけて西〜北日本の広い範囲で雨の降りやすい天気が続くでしょう。

きのうは大雪山旭岳(標高2291m)で平年より5日早く、昨年よりも10日早く初冠雪を観測しました。

▼22日(土)9時の予想雨域

週末にかけて北日本も天気下り坂

この週末も3連休という方が多いと思いますが、秋分の日の23日(日)は秋晴れとなるところが多く、広くお出かけ日和となりそうです。ただ、連休最終日の24日(月)以降は西・東日本付近に再び前線が停滞し、西日本や東日本では曇りや雨の日が多くなる見通しです。
沖縄・奄美地方は23日(日)にかけて太平洋高気圧に覆われて夏空が広がりますが、24日(月)以降は気圧の谷の影響で雲が広がる見込みです。

朝晩と日中との寒暖差や日ごとの寒暖差が大きくなりますので、気象情報を確認して服装で上手に調整しましょう。

▼各地の予想気温

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。