名古屋で観測史上初の40℃越え

8月に入り、夏休みシーズン真っ盛り。日本付近は蒸し暑い空気に覆われ、今週も西・東日本の各地で命に関わる危険な暑さが続いています。
きのう3日(金)は名古屋市で観測史上最高の40.3℃を記録し、1890年(明治23年)の観測開始以来初めて40℃を超えました。名古屋市のこれまでの最高気温は1942年(昭和17年)8月に観測した39.9℃でした。

■3日(金)の各地の最高気温
・愛知 名古屋40.3℃(観測史上1位を更新)
・岐阜 美濃40.3℃(8月の1位を更新)
・岐阜 多治見39.9℃
・三重 桑名39.8℃(観測史上1位を更新)
・愛知 豊田39.6℃(8月の1位を更新)
・滋賀 大津37.6℃(観測史上1位を更新)

来週にかけて、体温越えの危険な暑さが続くところもある見込みです。引き続き、熱中症に厳重に警戒して下さい。

熱中症対策は万全に

この週末は東北地方に前線がのび、北日本は天気が崩れる見込みです。日曜日は東北北部を中心に雨が強まるおそれがありますので、雨の降り方にご注意ください。一方、東・西日本と沖縄は各地で夏空が広がり、強い日差しが照りつけます。ただ、日曜日の午後はにわか雨の可能性がありますので、空模様の変化に気をつけましょう。

▼5日(日)朝9時の予想雨域

先週末は台風の影響でお出かけできなかったという方も、この週末のお祭りや花火大会の情報をチェックしてお出かけの計画を立ててみてはいかがでしょう?

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。