寒さ和らぐ雨の聖夜

きょうは一年で最も昼の時間が短い冬至です。
朝晩は放射冷却で冷えそうですので、ゆず湯に浸かってほっこりしたいと思います。

あすまでは移動性高気圧に覆われるため、各地で穏やかな晴天+お出かけ日和ですが、24日クリスマス・イブの夜は低気圧が発達しながら日本海を進むため、西から雨のエリアが広がりそうです(※関東・東北は除く)。
でも、暖かい空気が流れ込むむため、寒さは幾らか和らぐでしょう。
翌日25日にかけては、北日本を中心に風が強まり荒れ模様となる見込みです。
今年のクリスマスはホームパーティーがよいかもしれません。。

↑ 24日夜の雨域分布予想 (0℃ラインは降れば雪のエリア)


がんちゃんです。
毎年サンタさんは寒気を運んできて「クリスマス寒波」という置き土産があるのですが、来週26~27日頃は同様に寒くなりそうです。ただ今年はすでに強烈な寒気に慣れてしまっていますので、年末にかけてそれほど極端に寒いという感じはないかもしれません。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。