東北で初雪ラッシュ

西高東低の冬型の気圧配置となり、北日本中心に寒気が流れ込んでいます。
北海道の倶知安町では16cm、青森県八甲田酸ヶ湯で19cmの積雪となり、東北地方の平野部でも初雪となりました。

金曜日の朝は放射冷却の影響で、かなり冷え込みそうですので暖かくしてお過ごしください。
東・西日本の山岳部や峠では路面が凍結しますので、運転される方は十分ご注意ください。

【初雪】青森(平年比+10日)、秋田(+3日)、岩手(+8日)、山形(-2日)

↑ 17日朝6時の凍結予想エリア(北海道)

↑ 17日朝6時の凍結予測エリア(東北地方)

あさって土曜日は本州の南岸と北日本を2つの低気圧が通過するため、全国的に雨が降るところが多くなるでしょう。

↑ 土曜日正午の雨エリア予想

低気圧通過後の日曜日は今回よりも強い寒気が流れ込むため、北・東日本の山間部のみならず、北陸や甲信地方でも雪となる可能性があります。

↑ 日曜日あさ9時の寒気の予想

◆今週末の天気ポイント
あす朝は冷え込み。山沿い内陸は路面凍結にご注意を
土曜日は低気圧の通過で太平洋側も雨
日曜日は冬型になり、さらに強い寒気


がんちゃんです。
いよいよ北海道のニセコでも雪が積もり始めました。スノーボードが待ち遠しいです。

昨年のニセコ

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。