日曜日は広く秋晴れ 九州南部は雷雨注意

秋雨前線が九州南部~本州の南海上にあって、前線の北側は秋の空。九州南部や奄美地方は前線の影響で大気の状態が不安定となり、局地的に激しい雨が降りました。

週末も前線の位置はあまり変わらず九州南部や奄美地方では激しい雨に注意が必要です。

23日(土)9時の予想天気図

週末の天気

北日本
晴れる時間帯が多いですが、23日夜~24日明け方にかけて寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、一時的に天気は崩れて雷雨になるところもある見込みです。

西・東日本
本州付近は移動性高気圧の通り道にあたり、日本海側は秋晴れが続くでしょう。一方、太平洋側は前線や低気圧の通過に伴い、23日(土)まで雨の降りやすい天気になる見込みです。
22日(金)は雨のエリアが西から広がり、関東地方も昼頃からポツポツありそうで、夕方以降は広く雨が降る見込みです。傘を持ってお出かけください。
24日(日)になると太平洋側も日差しが届き、行楽日和となるでしょう。

九州南部・奄美地方
湿った空気が流れ込む影響で22日(金)は朝から雷雨に注意が必要です。土・日曜日も前線はあまり動かない予想で、九州南部は雨量が多くなるおそれがあります。土砂災害などに注意してください。

沖縄
前線南側の夏の空気に覆われるでしょう。22日(金)は前線の影響で沖縄本島は雨が降る見込みですが、土・日曜日は晴れて30℃以上の真夏日が続くでしょう。

22日(金)あさ9時の予想雨域


miyahara_winter

みやっちです。北海道~中国・四国地方では9月28・29日頃からの約1週間は気温が平年よりかなり低くなる予想、一方、沖縄では9月26日頃からの約1週間は平年よりかなり高くなる予想です。どちらも農作物の管理などにご注意ください。

[気象庁]低温・高温に関する異常天候早期警戒情報

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。