週末 梅雨明け思わせる猛暑に

今週は梅雨前線が九州南部から本州南岸に停滞し、西・東日本の太平洋側では折り畳み傘の常備が続く一方、奄美地方はきょう29日に梅雨明けを迎えました。

■梅雨前線北上 不安定な天気

週末は太平洋高気圧が梅雨前線を押し上げて、日本海まで北上する見込みです。
暖湿な空気が流れ込む西・東日本では30日(金)~1日(土)は雨が降りやすく、ザっと雨脚が強まったり、雷雨や突風など天気が急変するおそれがあります。北海道も2日(日)は雷雨がある見込みです。

先日の地震で揺れの大きかった長野県大滝村、木曽町では特に、少しの雨でも落石や土砂崩れに警戒してください。

天気の急変にご注意

■季節先どりの真夏の暑さに

7月に入る土曜日から来週にかけては、夏の主役である太平洋高気圧が勢力拡大し、西日本中心に厳しい暑さになる見込み。四国では35℃以上の猛暑日も予想されており、これまで以上に熱中症に注意が必要です。屋外・屋内問わず、こまめな水分補給をお願いします。

無理をせず避暑を

 


みやっちです。一人暮らしの場合は自宅で熱中症にかかっても気づかれない場合もあります。家族や地域住民による声かけも大切ですね。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。