GW最終日は黄砂飛来

みどりの日のきょうは北・東日本を中心に晴れて、季節外れの暑さに。北海道では30℃以上の真夏日を記録したところ(女満別、北見など)もあり、沖縄より暑くなりました。立夏のあすも北日本では夏の陽気になるでしょう。

週末の天気

大型連休後半も行楽日和が続いていますが、6日(土)は全国的に天気が崩れる見込み、7日(日)は黄砂の飛来に注意が必要です。

■金曜日

沖縄と九州南部で雨が降りやすいですが、北~西日本は引き続き、お出かけ日和となるでしょう。紫外線が非常に強くなっています。上から降り注ぐ紫外線だけでなく、地面からの照り返しにも気を配りましょう。

■土曜日

低気圧や前線が通過する影響で、全国的に雨となり、強い雨や落雷、突風に注意が必要です。西日本は午後は次第に天気回復する見込みで、関東地方で天気が崩れるのは夕方以降になる見込みです。

■日曜日

連休最終日の7日(日)は全国的に晴れるでしょう。ただ、日本付近に黄砂が飛来する見込みです。呼吸器系、循環器系の弱い方は特に、外出される際はマスクなどを使用するようにしましょう。洗濯物の外干しも控えた方がよいかもしれません。


miyahara_winter

みやっちです。大型連休はいかがお過ごしでしょうか?週末は熱中症、紫外線、黄砂への対策をお願いします。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。