急な強い雨や落雷に注意、関東以北の梅雨入りは…

◆今週の天気のポイント
・週の半ばまで急な強い雨や落雷に注意。身の危険を感じたら安全な場所へ避難を。
・梅雨前線の影響を受けるのは週の終わりごろ。関東以北の梅雨入りは?
・蒸し暑い日が多い。熱中症のほか、食品の管理にも注意。

16日(水)ごろにかけて、本州付近の上空をこの時期としては強い寒気が通過する見込み。晴れ間のでる所もありますが雲の広がりやすいすっきりしない空もようが続き、大気の状態も不安定になります。所々で急な強い雨や落雷があるでしょう。天気の急な変化に注意して下さい。

↓16日(水)の予想気圧配置↓

上空に寒気が通過、急な強い雨や落雷に注意

空が暗くなる、雷鳴が聞こえる、冷たい風が吹きだすなどの前兆を感じたら急な強い雨のサインです。落雷や竜巻などが発生する恐れもありますので、時と場合に応じて部屋の中などの安全な場所に避難しましょう。

落雷や竜巻の前兆を感じたら安全な場所へ

最新の雨雲の様子は雨レーダーでわかります。お手持ちのスマートフォンなどで確認して下さい。
雨レーダーを開く

上空の寒気が東へ離れると天気は一時的ですが回復に向かい、17日(木)は広く晴れ間がでそうです。ただし、週末は前線の影響で天気は下り坂。西日本や北日本から雨が降りだす見込みです。関東甲信以北が梅雨入りするとしたらこのころかもしれません。

↓19日(土)の以降の予想気圧配置↓

関東以北の梅雨入りは?

なお、過去には梅雨入りが特定できなかった所もあります。
梅雨入りしない年はある?

梅雨の時期は秋になると見直されます。関東以北は、今週末から来週以降という遅めの梅雨入りになるかもしれませんし、梅雨入りがはっきり特定できないかもしれませんし、東海以西と同じように5月にはすでに梅雨に入っているのかもしれませんね。気象庁からの発表を待ちましょう。

なお、沖縄や奄美は梅雨前線の影響で曇りや雨の日が続く見込みです。

熱中症や食品の管理に注意

先週のようなギラギラした日差しによる暑さは落ち着きますが、今週も気温はこの時期としては高め。北日本でも25℃を超える日があります。この気温は7月中旬から下旬並みでほぼ真夏に近い暑さです。のどの渇きを感じる前の水分補給で熱中症の予防を。西日本や東日本では最高気温が30℃前後まで上がる日が続くでしょう。気温だけでなく湿度も高くなるため細菌が繁殖しやすくなります。食品が傷みやすく食中毒が心配な時期がやってきました。生ものの管理は慎重に、肉などは火をしっかりと通すようにしましょう。まな板などの調理器具はこまめにしっかりと洗って、消毒をしておくと安心です。

(気象予報士:ふぅ)

シェア!

1 個のコメント

  • MKsOrb

    […]always a huge fan of linking to bloggers that I adore but do not get lots of link really like from[…]