厳しい暑さと大雨に注意を

◆今週の天気のポイント
・梅雨の晴れ間もあるが、雨の降る日は土砂降りの所が…。風も強まり荒れ模様に。
・西日本は暑い日が続くため熱中症に警戒、東日本と北日本は日々の気温差が大きい。

22日(月)~23日(火)にかけては、梅雨前線上の低気圧が東海~関東の沿岸を進みます。関東甲信や東海、東北の太平洋側で雨が降るでしょう。低気圧の発達次第では雨・風が強まり荒れ模様に…。高波にも注意が必要です。

↓22日(月)の予想気圧配置と降水量↓

関東などで雨、風も強まりやや荒れ模様となる恐れも…

一方、西日本は高気圧に覆われておおむね晴れそうです。ちょうど夏至も過ぎたばかりで紫外線の強い時期。日焼け止めクリームをしっかりと塗り、外出の際は帽子やサングラスを忘れずに。

その後、25日(木)~26日(金)になると広い範囲で天気が崩れます。梅雨前線上の低気圧が日本海から北日本へ進み、日本列島に梅雨前線がかかるでしょう。北日本から西日本にかけて雨が降り、大雨の恐れもあるので最新の情報で確認を。低気圧に近い北陸から北の日本海側では強風や高波にも注意をして下さい。

↓26日(金)の予想気圧配置と降水量↓

日本海側から雨が降りだし、本降りの所もあり

また、梅雨明けした沖縄は戻り梅雨となり、曇りや雨の日が多くなりそうです。

西日本は真夏日が続く所も…、熱中症に警戒を

北日本では日々の気温差が大きいでしょう。関東は週の初めはこの時期としては低めの気温でヒンヤリと感じそうです。週の半ばを過ぎると急に暑くなるため、気温差により自律神経が乱れ体調を崩してしまうこともあります。睡眠・栄養をきちんととり規則正しい生活をし、体調管理に努めて下さい。そして、厳しい暑さが続くのが東海や西日本。連日真夏日が続く所もあり、熱中症に警戒が必要です。こまめな水分補給の他、エアコンや扇風機の適切な利用をし、無理のない行動を心がけましょう。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。