春の嵐来たる、花粉・寒暖差に警戒を

◆今週の天気のポイント
・10日(火)~11日(水)、荒れた天気に警戒
・花粉の大量飛散が続くため対策が必要
・寒暖差が大きい、体調管理に注意

今週も晴天は長続きしません。低気圧が次々と通過し、特に10日(火)は春の嵐に警戒をして下さい。

週のスタート9日(月)は、関東や東北の太平洋側は雲が多いでしょう。その他は、日中はおおむね晴れて日差しを有効に使うことができます。ただし、花粉の飛散量は多いので注意が必要です。夜遅くになると九州で雨が降りだし、全国的に天気は西から下り坂に向かいます。

↓9日(月)の予想気圧配置と降水量↓

天気は下り坂、九州では夜遅くから雨

10日(火)は春の嵐、全国的に雨となるでしょう。雷を伴った非常に激しい雨の降る所もあり警戒が必要です。北海道でも季節外れの大雨になる恐れがあり、雪解けによる低い土地の浸水、道路状況の悪化、また雪崩に注意をして下さい。
風も各地で強まり交通機関に影響がでる恐れもありますので、最新の情報の確認が必要です。西日本では春一番となる所もあるでしょう。

↓10日(火)の予想気圧配置と降水量↓

雷を伴った激しい雨や強い風に警戒

11日(水)は、北日本の日本海側や北陸は雨から次第に雪になり、冬の嵐に変わるでしょう。一方、東日本の太平洋側や西日本は晴れますが、雨上がりの晴天で気温も高く、花粉が非常に多く飛ぶ見込みです。花粉の飛びやすい昼前後の外出を控える、また外出時は、花粉の付着しやすいウール素材の服装を避けてツルツル素材の上着を選ぶなどの対策が役立ちます。

↓11日(水)の予想気圧配置↓

北日本は冬の嵐、東・西日本は花粉に注意

12日(木)は、北日本や北陸の天気も回復し、広く穏やかに晴れるでしょう。つかの間の貴重な晴天となります。花粉に注意をしながら、適度な換気をしてリフレッシュを。
13日(金)~14日(土)は再び天気は下り坂、曇りや雨または雪となる見込みです。

寒暖の差が大きい、体調管理に注意を

今週は、前半は季節外れに気温が上がりますが後半はぐっと下がります。寒暖差により免疫力が下がり体調を崩しやすくなりますので健康維持に努めましょう。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。