暦の上では春、でも天気は冬らしく

◆今週の天気のポイント
・太平洋側は乾燥した晴天、日本海側は雪や雨と冬の天気分布となる。恵みの雪となる所もあるが、雪崩や落雪などにはくれぐれも注意を。

今シーズンは冬型の気圧配置となりにくい傾向ですが、立春を迎え暦の上では春となる今週は、太平洋側で晴れが、日本海側で雪や雨が続く見込みです。

【太平洋側】
北日本は晴れる日もありますが、3日(月)節分と5日(水)~6日(木)に雪や雨の所がある見込みです。東日本や西日本は6日(木)までおおむね晴れる日が続きそうです。乾燥した晴天の日が多く、特に6日(木)は冷たい北風が強めに吹くでしょう。7日(金)~8日(土)は西日本を中心に天気が崩れ、雨の降る所がある見込みです。

↓6日(木)の予想気圧配置↓

冷たい北風に注意

【日本海側】
曇りや雪、または雨の日が続きます。3日(月)~4日(火)立春は北陸から北では大雪や風雪、落雷や突風に注意が必要です。5日(水)~6日(木)は雪の範囲が山陰まで広がり、北陸から北では大雪が続く恐れがあります。西日本の平野部でも積雪の可能性があるでしょう。7日(金)~8日(土)は東日本や北日本で雪、西日本で雨が降る見込みです。

↓6日(木)の予想気圧配置と降水量↓

大雪の恐れ、西日本の平野部も雪になる

【奄美・沖縄】
3日(月)~5日(水)までは雨の降る所が多いでしょう。その後はおおむね晴れますが、8日(土)ごろから再び天気が崩れそうです。

この時期らしい気温の日が多い

気温は、週の初めと終わりはこの時期としては高めの日がありますが、今週は冬らしい日が多いでしょう。特に6日(木)~7日(金)は寒さが厳しく、西日本でも最高気温が一桁になる所がある見込みです。寒暖の差も大きく、体調を崩しやすくなります。これから3月にかけては本格的な受験シーズンを迎えますので、風邪やインフルエンザにかからないように対策を立てましょう。

風邪やインフルエンザに注意、花粉シーズンも…

また、今週は寒い日もありますが、今月も暖冬傾向は続きます。関東や九州などでは早ければ今月上旬から花粉が飛び始める所も出てくる見込みです。花粉症の方はあらかじめ対策を立てておくと安心です。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。