季節外れの大雨や寒中らしい大雪の恐れ、最新の情報で確認を

◆今週の天気のポイント
・今週は荒れた天気が続く恐れがあり、大雨・大雪の他、強風・高波にも注意。交通機関への影響なども考慮し、最新の情報で確認を。

【北日本】
北海道は27日(月)~28日(火)にかけては晴れる所が多いですが、29日(水)~31日(金)は雪が降るでしょう。雨が交じり湿った雪になりますので着雪害などに注意が必要です。東北は、27日(月)は晴れますが、その後は31日(金)にかけて雪や雨の日が続くでしょう。特に28日(火)は太平洋側も含めて大雪に、29日(水)は大雨に注意が必要です。

【東日本】
27日(月)~28日(火)は関東甲信地方の山沿いでは大雪に警戒が必要です。また、関東地方の平野部でも大雪の可能性がありますので、最新の情報を確認し余裕を持った行動を心がけるようにして下さい。雪は次第に雨に変わり、29日(水)にかけて本降りとなるため雪の後の雨にも注意が必要です。外出の際はレインブーツの着用をおすすめします。その後は、日本海側は雨の日が続きますが、太平洋側は雲が多いながらも晴れ間がありそうです。

↓28日(火)の予想気圧配置と降水量↓

東日本は大雪に、西日本は大雨に注意

【西日本】
27日(月)~28日(火)は荒れた天気となりそうです。雷を伴った激しい雨や強風に注意するとともに高波に警戒して下さい。傘が役に立たないような暴風雨の恐れもありますので、レインコートがあるとよさそうです。その後も日本海側では雨の日が続き、30日(木)には大気の状態が不安定になるでしょう。雨が強まるだけでなく山沿いは雪の交じる所もあり、落雷にも注意が必要です。太平洋側は週の終わりに晴れ間が戻りそうです。

【奄美・沖縄】
27日(月)の午前中まで雷を伴った激しい雨に注意をして下さい。その後も曇りがちの日が続く見込みです。

気温は高めの日が多い

気温は、北日本ではこの時期としては高めの日が多くかなり高い日もありそうです。週の初めの晴れ間のでる日はいつもの年に比べて過ごしやすいと感じられるでしょう。東日本は週の初めは寒中らしい寒さの所が多いですが、その後は平年より高めとなる見込みです。西日本はこの時期としては高めの日が続きますが、曇りや雨の日が多いため過ごしやすさを感じる日は少ないでしょう。先週は季節外れに暖かく半袖で過ごせた沖縄は、今週はどんよりとした雲に覆われこの時期らしい気温に戻りそうです。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。