大荒れの年末年始、交通機関などの影響を考慮し無理のない行動を

◆今週の天気のポイント
・12月31日(火)~1月1日(水)にかけては今シーズン一番の強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に大荒れの天気に。暴風雪、大雪、高波などに警戒を。
・年明けからは寒さ厳しく。初詣や初売りなどのお出かけは、防寒対策をしっかりと。

【北日本】
12月30日(月)は日本海側を中心に雨や雪となり、北海道でも雪ではなく雨の所がある見込みです。足元が悪くなりますので路面状況の悪化に注意をして下さい。31日(火)は、交通機関に影響がでる可能性があるほどの大荒れの天気になる恐れがあります。最新の情報を確認するとともに暴風雪、高波などに警戒をして下さい。その後も日本海側では雪の日が続き、三が日までは風雪や高波、大雪に注意が必要です。

↓12月31日(火)の予想気圧配置↓

冬型強まる、猛吹雪や高波、大雪に警戒を

【東日本】
30日(月)は各地で雨が降るでしょう。山沿いでは初め雪の所も途中で雨になります。31日(火)は冬型が強まり北陸を中心に雪が降るでしょう。大雪の恐れがありますので注意が必要ですが、スキー場にとっては恵みの雪となりそうです。その後も太平洋側は晴れ、日本海側は雪や雨という冬らしい天気が続くでしょう。

【西日本】
30日(月)は雨の降りやすい一日となりそうです。31日(火)は今シーズン1番の強い寒気が流れ込み、近畿北部や山陰の平野部でも雪が降り積雪の恐れがありますので注意をして下さい。その後は、太平洋側はおおむね晴れる日が続きそうですが、日本海側は曇りがちの日が多く雨や雪の日もある見込みです。

【沖縄】
大晦日まで雨の日が続き、雷を伴った激しい雨に注意が必要です。年明け以降はおおむね晴れるでしょう。

元日は寒さ厳しく。初詣は暖かい服装で。

気温は年末年始で変動が大きくなりそうです。大晦日までの気温は高めですが、元日になると急に寒くなります。特に晴れる太平洋側は夜間から朝にかけての冷え込みが厳しく初詣などにお出かけを予定されている方は暖かい服装を心がけるようにして下さい。その後も年明けらしい寒さが続く見込みです。正月休みではありますが、風邪やインフルエンザなどにかからないよう十分注意し、有意義な年越しをお過ごし下さい。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。