週の初めは再び冬の嵐到来、北日本を中心に荒れた天気に警戒を

◆今週の天気のポイント
・週の前半、北日本を中心に再び冬の嵐。暴風雪や高波、大雪に警戒を。
・嵐の後は気温が下がり、ひとときの冬。
・寒暖差が大きい。西日本や東日本の市街地でも紅葉の色づきが進む。

週のスタート18日(月)は、生憎の雨や雪となるでしょう。九州から東北にかけては雨や雷雨で激しく降る所もありそうです。北海道では降りだしは雪の所が多いですが次第に雨に変わります。すでに雪が積もっている所もあり、雪解けで道路状況が悪くなりそうなので、足元や車の運転などは十分に注意をして下さい。

↓18日(月)の予想気圧配置と降水量↓

激しい雨や雷雨に注意、北海道も雨に…

19日(火)は、西日本や東日本の太平洋側にかけては雨が続きますが、北海道には強い寒気が南下し日本海側を中心に再び雪になります。風も強まりますので暴風雪や高波に警戒が必要です。後半になると寒気は更に南下します。雪の範囲は東北や東日本の日本海側まで広がり、20日(水)にかけて続くでしょう。また、北海道では21日(木)まで寒気が流れ込み、大雪の恐れがありますので注意が必要です。

↓20日(水)の予想気圧配置と上空の寒気の様子↓

雪を降らせる目安の寒気が東日本の日本海側まで南下

西日本や東日本の太平洋側では、雨の後には天気が回復し晴天が戻るでしょう。22日(金)~23日(土)にかけては、北日本も含めておおむね晴れる所が多くなりそうです。

日々の寒暖の差が大きい

最高気温は、週の前半の雨の後にぐっと低くなり冬の気配を感じそうです。週の後半は再び気温が高めとなり過ごしやすい秋の陽気が戻ってきます。ただし、日中は暖かくても朝晩は冷え込むので、服装を上手に選んで体調を崩さないように注意をして下さい。そして、朝晩の冷え込みとともに色づきだすのが紅葉です。東日本や西日本の市街地でも日当たりの良い所ではすでに色づいています。日々色づきが進む紅葉を眺めながらのウオーキングなども気分転換になってよいかもしれませんね。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。