台風通過後、秋が深まる

◆今週の天気のポイント
・14日(月)~15日(火)、関東甲信や東北で雨。少しの雨でも土砂災害や河川の氾濫に警戒。
・晴れる日でも極端に暑い日はなく、秋らしくなる。服装を上手に選んで体調管理に注意。

東日本や北日本に甚大な被害をもたらせた台風19号は、13日(日)のうちに温帯低気圧に変わり日本から離れていきますが、14日(月)~15日(火)には東日本を中心に再び雨が降る見込みです。甚大な被害のあった関東甲信や東北地方では、少しの雨でも土砂災害や河川の氾濫が懸念されます。引き続き警戒を続けて下さい。

↓14日(月)の予想気圧配置と降水量↓

少しの雨でも土砂災害や河川の増水に警戒を

16日(水)~17日(木)にかけては全国的に晴れる見込みです。洗濯やお出かけはこのタイミングがよさそうです。復旧作業も進むでしょう。ただし晴天は長続きしません。18日(金)になると西日本から雨が降りだし、今週末も生憎の雨となる所が多くなりそうです。

気温は先週に比べて低く、秋らしくなる

気温は、この時期としては高い日が多かった先週に比べると低くなる日が多く、秋の深まりを感じられそうです。西日本や東日本でも20℃~25℃くらいの日が多くなるでしょう。日中は過ごしやすいですが、朝晩はジャケットが必要になるくらいの肌寒さの日が多くなってきます。そして、北日本は15日(火)は特に気温が低く、北海道の山では未明に雪が降るくらいの寒さとなるでしょう。北では山からすでに冬の気配を感じます。服装を上手に選んで体調の管理に注意をして下さい。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。