台風と猛暑に警戒、後半に北は秋めく

◆今週の天気のポイント
・8日(日)夜~9日(月)、関東・東北南部は台風で大荒れ。大雨・暴風・高波に厳重警戒。
・台風が去っても真夏の暑さ。熱中症に注意を。
・週の後半、北日本を中心に秋めく。

台風15号は、8日(日)夜遅くから9日(月)未明にかけて関東に上陸し、その後東北南部へ進む可能性が高くなっています。台風が近付くと急に雨や風が強まり荒れた天気となりそうです。最新の情報を確認し、大雨・暴風・高波などに厳重に警戒をして下さい。また、深夜遅い時間から朝の通勤通学の時間帯に影響がでそうなので、早めの避難と余裕を持った行動を心がけるようにしましょう。

↓台風15号の進路予想図↓

関東上陸、東北南部へ進む見込み

台風が去ったあとも厳しい残暑が続きそうです。12日(木)にかけて北日本でも真夏日の所があり、東日本や西日本では猛暑日になる所もあるでしょう。朝晩は少しずつ過ごしやすくなってきていましたが今週は熱帯夜となる日もありそうです。こまめな水分補給やエアコンの活用など、体に無理のないように熱中症対策を心がけて下さい。

台風が去っても猛暑に注意

そして、台風が去ってから10日(火)にかけては晴れる所が多いですが、11日(水)~13日(金)にかけて東北から九州にかけて所々で雨が降りやすくなります。この雨を境に空気が少し変わりそうです。北日本では週の前半の季節外れの暑さから解放されて週の後半には日中は過ごしやすくなり、朝晩はひんやりとする所もあるでしょう。服装を上手に選ぶなどして体調管理に注意をして下さい。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。