西日本もようやく梅雨入りか

今週末、荒れた天気をもたらせた低気圧は、17日(月)にかけて北海道、東北の日本海側、北陸に雨を降らせそうです。引き続き土砂災害に注意が必要です。風も強く波が高い状態が続きますので、最新の気象情報や交通情報を確認するようにして下さい。一方で、東日本の太平洋側や西日本はおおむね晴れる見込みです。

◆今週の天気のポイント
・週の半ば以降、強い雨に注意。
・西日本でようやく梅雨入りか。
・湿度が高く、蒸し暑い日が多い。

18日(火)は、北海道から九州にかけておおむね晴れる見込みです。19日(水)は九州で雨が強く降る所があり、本州でも突然の強い雨や雷雨の恐れがあります。この頃に、西日本では梅雨入りする所もでてきそうです。

↓19日(水)の予想気圧配置と降水量↓

九州では大雨に注意

さらに、週末22日(土)は西日本から東日本にかけて広く雨で本降りの雨となる所もあるでしょう。今週中には、西日本の各地で梅雨入りの発表がありそうです。

↓22日(土)の予想気圧配置と降水量↓

週末は再びあいにくの雨

一方、沖縄では梅雨明けの平年は6月23日ごろです。いつもの年だと今週末あたりが梅雨の明ける時期ですが、雨の季節は今週も続きそうです。梅雨末期は集中豪雨の増える時期ですので最新の情報を確認して雨に備えて下さい。

真夏日の所もあり、蒸し暑い

気温は、17日(月)に北日本や北陸でこの時期としてはかなり低い所がありますので体調管理に注意をして下さい。その後はこの時期らしく湿度が高く、蒸し暑い日が多くなりそうです。西日本や東海では30℃以上の真夏日となる日もありますので、熱中症に注意をして下さい。

熱中症対策をしっかりと

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。