前半は傘必須、風雨強まり荒れた天気

今週の天気のポイント
・前半は、全国的に大雨や強風に注意
・後半は、晴れて気温も急上昇!

20日(月)~21日(火)は、西日本から北日本の広い範囲で大雨に警戒が必要です。
九州や四国の太平洋側、近畿、東海、北陸、関東、東北の各地では、傘をさしていても濡れるほどの強い雨が短い時間に降る可能性があり、急な落雷や突風にも注意が必要です。
特に近畿から関東の太平洋側では所により激しく雨が降り、低い土地の浸水、アンダーパスの冠水、河川の増水や氾濫、土砂災害などが発生する恐れがありますので、最新の気象情報や交通情報の確認をお願いします。


雨雲の動きの予想図(20日~21日)

さらに南寄りの風も強まります。特に東海から北海道の太平洋側では沿岸部を中心に、傘がさせないほどの風が吹き横殴りの雨が降る所もあるため、レインウェアーや長靴などの雨具を用意しておくと良いでしょう。
また、九州から北海道の太平洋側の沿岸部では高波にも注意してください。


波の高さの予想図(20日~21日)

22日(水)からは天気は一転して、週末にかけて全国的に高気圧に覆われる日が多くなります。このため西日本から北日本にかけて晴天に恵まれ、洗濯日和が続きそうです。梅雨入りしたとみられる沖縄や奄美でも、晴れる日が多くなる見込みで、梅雨空が戻る前に日差しをシッカリ活用してください。

高気圧に覆われ全国的にお出かけ日和

予想気圧配置図(25日)

前半は雨や風で体感温度はヒンヤリする日もありますが、後半に向けて気温は上昇! 最高気温は北日本でも夏日、東日本と西日本では真夏日になる所もありそうです。
こまめな水分補給など熱中症対策や、日焼け止め、帽子、日傘など紫外線対策をお忘れなく。

(たけねこ)

シェア!

1 個のコメント