週の半ば、北日本を中心に荒れた天気の恐れあり

三連休最終日の14日(月)は、日本海側の一部でちらつく程度の雨や雪の所はありますが、晴れ間のでる所が多く穏やかな成人の日となりそうです。日差しにはほっとできそうですが、空気は冷たくこの時期らしい寒さとなりますので、防寒対策はしっかりとしてお出かけ下さい。

◆今週の天気のポイント
・週の半ば、北日本や日本海側で荒れた天気に。
・今週も寒暖の差が大きい、体調管理を万全に。

15日(火)には天気は早くも下り坂に向かい、17日(木)にかけての3日間は北日本を中心に荒れた天気となる恐れがあります。雪や風が強まり日本海側では吹雪で見通しが悪くなる所がありますので、車の運転などをなさる方は安全運転を心がけて下さい。海上では高波にも注意が必要です。

15日(火)~17日(木)の予想気圧配置

15日(火)~17日(木)は荒れた天気に注意

18日(金)以降、日本海側は曇りや雪または雨で太平洋側は晴れと冬の天気分布が続きそうです。晴れる日が多い太平洋側では空気の乾燥した状態が続きますので、火の元には十分注意をして下さい。

今週の気温の傾向

週の半ばは寒中らしい寒さ

今週も寒暖の差が大きな1週間となりそうです。気温は、前半はこの時期としては高めで西日本を中心に3月並みとなる所もありますが、週の半ばには真冬の寒さが戻ります。冷たい北風も吹いてより一層寒く感じられそうです。週の終わりには再び寒さが緩むため気温の変化が大きいでしょう。温かい食事で栄養をとり十分な睡眠をとるなどして、風邪やインフルエンザなどにかからないよう体調管理に努めて下さい。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。