師走らしく寒い日が多い

◆今週の天気のポイント
・日本海側は曇りや雪または雨の日が多く、週の初めは大雪に注意。
・気温は週の初めに特に低く、その後もこの時期らしい寒さが続く。

北陸や山陰に初雪を降らせた上空の強い寒気は10日(月)にかけて流れ込み、日本海側では曇りや雪または雨が続きます。北日本や北陸を中心に積雪が更に増える恐れがありますので、引き続き大雪による交通障害や雪崩などに注意をして下さい。

↓10日(月)の予想気圧配置と降水量↓

北日本や北陸を中心に雪が続く

11日(火)~12日(水)にかけては西日本や東日本で広く雨が降るでしょう。西日本では雨脚が強まる所があり、東日本の山沿いでは雪になる所もありそうです。東北地方でも雨が降り北部や山沿いでは湿った雪が降りますので電線への着雪などに注意が必要です。13日(木)以降は、日本海側では再び曇りや雪または雨の日が続くでしょう。ただし週末15日(土)は、山陰など西日本では晴れ間の戻る所がある見込みです。太平洋側はおおむね晴れる日が続くでしょう。

↓11日(月)の予想気圧配置と降水量↓

西日本や東日本を中心に雨で雪の所もあり

気温は特に週の初めに低く、10日(月)はこの週末と同じような真冬並みの厳しい寒さが続く所が多くなります。防寒対策をしっかりとして体調を崩さないように注意をして下さい。その後は週の半ばや終わりにこの時期としてはやや気温が高めになる所がありますが、先週のような季節外れの暖かさが戻ることはなく師走らしい寒さが続く見込みです。

↓今週の最高気温の傾向↓

特に初めに低くその後は師走の寒さ

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。