一雨ごとに秋深まる

◆今週の天気のポイント
・週の半ばに天気が崩れ、雨の降る所がある。
・前半は西日本を中心に暑さ続く。

■北日本
台風25号は温帯低気圧に変わりましたが、北海道や東北北部では、7日(日)まで大雨、暴風や高波に警戒をして下さい。10日(水)~11日(木)にかけても雨が降りそうなので、地震で揺れの大きかった地方では、少しの雨でも土砂災害に注意が必要です。その他の日は、晴れ間のでる日が多いものの、天気は変わりやすく、所々でにわか雨がありそうなので、カバンの中に折り畳みの傘があると安心です。
気温は、前半はいつもの年よりも高めですが、週の半ばの雨を境にこの時期らしい気温となります。東北では本格的な長袖の季節が始まり、北海道の内陸部では紅葉の見ごろの場所が山から里へと徐々におりてきそうです。

10日(水)の予想気圧配置と予想降水量

■東日本・西日本
前半はおおむね晴れるので、お出かけや洗濯、布団干しの他、お掃除などもはかどるでしょう。10日(水)になると西日本から雨が降りだし、11日(木)には東日本でも雨が降る見込みです。その後は東日本を中心に雲が多い天気が続き、13日(土)にも雨の降る所があるでしょう。
気温は、西日本や東海で9日(火)までかなり高く、30℃近くまで上がる所がある見込みです。北陸や関東では極端な暑さはないでしょう。後半になると気温は徐々に落ち着いてきて、西日本でも25℃前後となり、関東や北陸は20℃を少し超えるくらいの所が多くなる見込みです。朝の気温は20℃以下の日が続くようになりますので、朝晩のおでかけには、上着や羽織るものがあると安心です。

■沖縄
前半は晴れる所が多くなりますが、後半は曇りや雨の日が続く見込みです。気温は、前半はこの時期らしい気温となり、日中は30℃を下回るようになるでしょう。後半になると気温は更に低くなる見込みです。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。