週の後半は曇りや雨、北日本は雨が強く降る恐れ

◆今週の天気のポイント
・前半の晴れ間を有効活用。
・残暑あり、寒暖の差あり、体調管理に注意。

■北日本
北海道は、晴れる日がしばらく続きますが、22日(土)には雨が降る見込みです。地震で揺れの大きかった地方では、土砂災害に十分に注意をして下さい。東北は、連休最終日の17日(月)に雨が降りその後晴れ間が戻りますが、21日(金)から再び雨が降りだし雨脚が強まる所がありそうなので今後の情報に注意をして下さい。
日中の気温はこの時期としては高めとなり、朝晩との気温差が大きくなるので、体調管理に注意をして下さい。

■東日本
前半は、北陸では17日(月)は雨が降りやすいですが、18日(火)~19日(水)は晴れるでしょう。関東甲信では17日(月)~18日(火)は晴れますが、午後に雨や雷雨の日がありそうです。東海は19日(水)まではおおむね晴れる見込みです。後半になると、各地方とも曇りや雨の日が続きあいにくの天気となるでしょう。
日中の気温は30℃前後の日が多いですが、週の半ばに気温が少し低くなり寒暖の差がありそうなので、服装を上手に選ぶようにして下さい。

17日(月)~22日(土)の予想気圧配置

■西日本
近畿、四国、中国地方は、18日(火)はおおむね晴れるでしょう。その他の日は曇りや雨となるため、この晴れ間を洗濯やお出かけなどに有効にお使い下さい。九州は晴れる日が多くなる見込みです。
日中の気温は30℃前後の日が多く、残暑が厳しい日もありますが、中国、四国地方は、20日(木)に暑さが少し和らぎそうです。近畿や九州は30℃前後の暑い日が続くでしょう。

■沖縄
おおむね晴れる日が続く見込みですが、後半は、雲が広がりやすくなるでしょう。
気温は、最低・最高ともに平年よりも高く、熱帯夜と真夏日が続くので、熱中症に注意をして下さい。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。