週の初めに台風が接近、荒れた天気に警戒

台風5号からの湿った空気が梅雨前線の活動を活発にします。11日(月)~12日(火)にかけて、東日本や北日本では荒れた天気となりますので警戒が必要です。

◆今週の天気のポイント
・11日(月)~12(火)、東日本と北日本で大雨による土砂災害、河川の増水、低い土地の浸水に警戒。
・東日本の太平洋側と北日本、強風、高波にも注意。交通機関に影響がでる恐れあり。

11日(月)は、東日本から東北にかけて、12日(火)は、北海道を中心に大雨となる見込みです。土砂災害、河川の氾濫、低い土地の浸水に警戒をして下さい。
また、東日本や東北の雨のピークは、11日(月)の朝の通勤通学の時間帯と重なりそうです。交通機関に影響がでる恐れがありますので、余裕をもった行動を心がけるようにしましょう。

11日(月)の予想気圧配置と降水量

大雨だけでなく、東日本の太平洋側や北日本では、暴風や高波にも警戒が必要です。特に12日(火)~13日(水)には、北日本で交通機関に影響がでる恐れがありますので、注意をして下さい。

北日本は暴風に警戒。

12日(火)の予想気圧配置

この荒れた天気がおさまると、しばらく穏やかな天気が続きますが、西日本や東日本の太平洋側は、雲が広がりやすいでしょう。日本海側は晴れる日が多くなる見込みです。

気温は、北日本は、平年よりも低い日が多いでしょう。北海道では、これまでの1週間で30℃以上の真夏日になった日がありましたが、今週は、先週に比べ20℃近く気温が低くなる所もあります。服装を上手に選んで体調管理を心がけて下さい。その他の地方は、週の半ばごろに、平年よりも高くなる所が多いでしょう。

(ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。