北日本 週後半も厳しい寒さに

今週は北と南で気温のコントラストがさらに大きくなります。
北日本は断続的に強い寒気が流れ込み、平年より気温が低い状態が続く見込みです。
あすは上空の寒気はいったん後退し寒さは中休みとなりますが、週の後半は再び強い寒気が流れ込んで、週末は北海道を中心にかなりの低温+積雪増加となるおそれがあります。
一方、西日本では気温が20℃くらいまであがるところもあり、大体1ヶ月前の陽気。特に水曜日頃まではポカポカで小春日和となるでしょう。

↑ 北日本で異常低温、西日本で気温高め

水~木曜日は本州の南岸沿いを低気圧が進むため、東・西日本の太平洋側の各地でもひと雨ありそうです。

↑ 木曜日午後の雨の分布予想

◆今週の天気ポイント
火曜日までは冬晴れで気温UP、西日本はポカポカ
水~木曜日は太平洋側も冷たい雨
週後半は北海道で異常低温+大雪のおそれ

↑ 上空1,500mの寒気予想 週後半は強い寒気


がんちゃんです。
北海道でのスノボが楽しみでふかふかのパウダースノーが増えるのはうれしいのですが、北日本では周期的に強い寒気に見舞われて寒暖差や天気変化が激しくなっています。特に木曜日・金曜日あたりは記録的な低温となるおそれがありますので、交通機関や水道管の凍結等には十分にご注意ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。