早くも真冬の寒気来襲 札幌で29cm

昨日からは真冬並みの強い寒気が流れ込み、東北南部や北陸でも平年より1~2週間程度早く初雪を観測。札幌では29cm、小樽では33cmの積雪となりました。
【初雪】富山(平年比-13日)、金沢(-10日)、新潟(-5日)、福島(-7日)、仙台(-5日)

きょうが寒気のピークで、北日本~北陸の日本海側では引き続き雪や雨となるでしょう。(近畿北部や山陰も山沿いは積雪や凍結にご注意を)
あす火曜日は移動性高気圧に覆われるため、穏やかに晴れるところが多くなりますが、朝は放射冷却で冷え込みますので路面凍結にご注意ください!!
水曜日は南岸低気圧の通過で西から雨となり、太平洋側も天気が崩れるでしょう。

↑ 雪となる上空寒気の予想

↑ 水曜日21時の雨域予想

その後週末にかけてはまた今回と同クラスの強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に再び季節外れの大雪となるおそれがあります。

◆今週の天気ポイント
きょう寒気ピーク 季節外れの大雪注意
水~木曜日は南岸低気圧 太平洋側も雨
その後また強い寒気!! 週末は日本海側で雪


がんちゃんです。

ここにきて真冬並みの寒気が押し寄せて、一気に冷え込んできました。今週は11月としては異例の寒さとなりますので、暖かくしてお出かけください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。