週後半は寒気南下で秋らしく

本格的な秋の始まりを告げる「寒露」を迎えた週末。移動性高気圧に覆われて広くお出かけ日和、運動会日和となりました。
ただ、ここにきて日本の南になる太平洋高気圧が勢力を強めて本州付近まで北上。沖縄だけでなく西日本・東日本の各地で汗ばむ陽気となり、九州北部豪雨で被災した大分県日田市や福岡県朝倉市は30.0℃の真夏日を記録しました。

今週の天気

日本海~北海道付近にある前線は今週後半にかけてゆっくり西・東日本付近に南下する見込みです。北日本は12日(木)頃にかけて雨が降りやすく、西・東日本も週の後半は天気が崩れて週末は雨が降るでしょう。

前線はゆっくり南下

前線の北側には寒気があって、北海道では10日(火)から気温が下がり、週末にかけて10月下旬頃の寒さとなるでしょう。標高の高いところでは一時的に雪の降るところもある見込みです。西・東日本は寒気が入る13日(金) 頃から平年並みの気温に落ち着く見込みですが、それまでは季節外れの暑さが続くため、寒暖差で体調を崩さないようにお気をつけ下さい。

沖縄は高気圧周辺の湿った空気が流れ込む影響で先島諸島は週を通して雨が降りやすく、沖縄本島も週の後半は雲が広がるでしょう。それでも真夏の暑さが続く見込みで、熱中症に注意が必要です。


miyahara_winter

みやっちです。きょうは近所の幼稚園で運動会が行われていました。園児の元気な姿に微笑ましく思う限り。あす(10/9)の体育の日は各地でスポーツイベントが開催されるみたいですね。大人の皆さんも子供に負けないくらい身体を動かしてみませんか?

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。