今週さらに強い寒気 東・西日本も長袖を

先週末は今季一番の冷え込みとなり、北日本や関東甲信から初霜や初冠雪の便りが届きましたが、今週の火~木曜日はさらに強い寒気が北日本に南下する見込みです。
東・西日本も水~金曜日は日中でも長袖が必要になる肌寒さになる見込みです。衣替えはまだという方はそろそろ本当に準備しておいた方が良さそうですね。

2日(月) 朝から活発な雨雲

今週の天気

■北日本
2日(月)~3日(火)にかけて寒冷前線が南下する見込みで、北海道~東北北部の日本海側を中心に雷雨や突風に注意が必要です。前線通過後は上空1500m付近に0℃以下の寒気が入る見込みで、山間部では雪の降る可能性があります。冬用タイヤの準備をしておきましょう。週の後半は平年並みの気温に戻り、概ね晴れが続くでしょう。

■西・東日本
低気圧や前線が周期的に通過する見込みで、週前半と後半は傘持参。
2日(月)は西から天気下り坂で九州北部では朝から非常に激しい雨の降るおそれがあります。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に注意して下さい。
4日(水)からは気温がグッと下がるため、寒暖差に注意して暖かくしてお出かけください。

■沖縄
週の前半は高気圧に覆われて晴れますが、後半は雲が広がるでしょう。10月に入っても真夏の暑さが続く見込みです。与那国島ではきょう32.4℃まで上がり、10月の最高気温の記録を更新しました。


miyahara_winter

みやっちです。寒気が南下し始め、ちょうど良いタイミングで当社のクールビズが終了しました。気になるは自宅の冷凍庫に残るアイスクリーム。早めに片付けようと思います。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。