週後半 今季一番の寒気南下

■週前半は広く秋晴れ
西〜北日本は広く秋晴れとなるでしょう。ただし、上空に寒気が入る北海道は大気の状態が不安定で、25日(月)は雷雨や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。
また、奄美地方付近に停滞する秋雨前線は次第に北上する見込みで、26日(火)にかけて屋久島や種子島、九州南部付近に活発な雨雲がかかる見込みです。落雷や竜巻などの激しい突風、短時間大雨にご注意ください。

■週中頃はまとまった雨
27日(水)~28日(木)は低気圧や前線が本州付近を通過する見込みで、九州~東北の広範囲でまとまった雨になる見込みです。北海道も寒冷前線の通過で雷雨や突風に注意が必要です。

28日6時の予想雨域

27日(水)~28日(木)は広く雨

■週後半は今季一番の寒気南下
28日(木)の雨のあとはこの秋一番強い寒気(上空1500m付近に3℃以下)が北日本に南下する見込みで、標高の高いところでは初冠雪の便りがあるかもしれません。北日本は週末にかけて雲の多い空模様となるでしょう。(※大雪山系 旭岳の初冠雪の平年日は9月25日)

一方、東・西日本は日差しが戻り、週末は広い範囲で行楽日和になる見込みです。朝晩は10月下旬ごろの肌寒さになるところもあり、季節は一歩前進。朝晩の気温に気をつけて服装で上手く調整するようにしましょう。体感服装予報もご参考に。
>体感服装予報へ

■沖縄は暑さ続く
秋雨前線が沖縄から離れるため、概ね晴れが続くでしょう。沖縄もそろそろ真夏日から解放される時季なのですが、今週も夏の空気に覆われて暑さ継続。暑さが落ち着くのはまだ先のようです。


miyahara_winter

みやっちです。この週末は道端に落ちている栗の実を見つけて秋を実感。今週後半は気温が下がって秋が深まりそうですので体調を崩さないようお気をつけ下さい。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。