週の後半 処暑でも残暑厳しい

週末は東京都心も激しい雷雨やヒョウが降り、天気の急変に驚かれた方も多いのではないでしょうか。今後も突然の雷雨に出くわす可能性は十分にあります。外出前は天気予報を、外出先では空の様子と手元のスマートフォン等で確認できる降水レーダーや雷レーダーをフル活用して、天気が急変する前に早めに屋内に避難するようにしましょう。

8/19(土)17時の雷レーダー(東京都心で雷雨)

今週の天気

■週前半
今週前半も日本付近は湿った空気が入るため、全国的に不安定な空模様で山沿いでは雷雨に注意。平野部でも雨具を携帯しておきましょう。

きょう(20日) フィリピンの東海上で発生した台風13号は日本への直接の影響はない見込みですが、沖縄地方ではにわか雨や海上のうねりに注意が必要です。

■週後半
オホーツク海高気圧は去り、関東~東北の太平洋側も日差しが戻ってくるでしょう。ただし、24日~25日頃は低気圧や前線の通過に伴い、北日本と北陸で天気が崩れる見込みです。

一方、南の太平洋高気圧は8月終盤になって本領発揮。23日(水)には二十四節気の一つ「処暑」を迎えますが、西日本中心に気温が上がり、35℃前後の厳しい残暑になるでしょう。


miyahara_winter

みやっちです。熱中症により救急搬送された方は8月7日~8月13日までの1週間で4,298名。5月1日からの合計搬送者数は昨年の同時期を上回っています(消防庁速報値)。今年も耳にタコができるくらい聞いているかと思いますが、引き続き熱中症にお気を付け下さい。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。