西日本も天気下り坂

お盆を故郷や行楽地で過ごされている方もそうでない方も、西日本中心に残暑お見舞い申し上げます。立秋を迎えて暦の上ではもう「秋」なのです。

一方、北・東日本は雲が多めで暑さは控えめ。山沿いでは局地的な雷雨に。さらに冷涼な空気が流れ込んでいる北海道と東北太平洋側は9月下旬~10月上旬ごろの肌寒さとなり、一時的ですが秋の訪れを感じさせます。

今週の天気

北海道は15日(火)頃から日差しが戻る見込み。ただ、東北地方と東日本は相変わらず雲多めの空模様が続くため、折り畳み傘を常に携帯しておいた方がよさそうです。
西日本も前線や気圧の谷の接近で天気下り坂。九州地方では14日(月)昼頃から雨が降り出し、次第に雨脚が強まる見込みです。

週の後半になると南から太平洋高気圧が張り出す見込みで、西日本は夏空・猛暑。沖縄は今週も安定の夏空が続くでしょう。熱中症にご注意ください。

15日(火)未明の雨域予想


miyahara_winter

みやっちです。引き続き、お盆休みをお楽しみください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。