【1/5 朝イチ!】暦通りの「寒の入り」

寒中お見舞い申し上げます。今日は二十四節気の一つ「小寒」(しょうかん)です。新暦では一年で最初の二十四節気ですが、旧暦ではまだ12月前半で最後から2番目の23節で、太陽黄経が285度の時です。寒さが加わる頃で、今日から「寒の入り」になります。小寒後15日で大寒、大寒後15日の立春で、寒が明けます。2月4日の立春の前日、節分までのおよそ1ヶ月間が「寒の内」で、一年で一番寒い時期に当たります。
寒中見舞いの便りや柔道、空手、剣道などの武芸や茶道など芸事の寒中稽古が始まるのもこの「寒」の時期 です。

%e5%88%9d%e9%87%9c初釜

今年のお正月は、北陸から北の日本海側を除き、天気に恵まれた所が多く、また、気温も高めで、暖かいお正月でした。東京都心では3が日の最高気温が3日間連続13度以上だったのは、1899年(明治32年)以来、118年間の観測で初めてでした。昨日4日も13度以上で、4日連続も記録更新です。また、南国沖縄県石垣島でも、25度以上の夏日が続いたのは、1930年(昭和5年)以来87年振りでしたが、昨日4日も25度以上の夏日で4日連続は、1921年(大正10年)の観測開始以来、96年間では初めての記録になります。今日も25度以上の予報で、記録が更新されそうです。

一方、今日の日中の最高気温は、沖縄~九州ではまだ、平年より高めですが、その他の地方は、暦に合わせるように気温が下がり、平年並か低くなり、暦通りの「寒の入り」になります。この寒さは西日本~東海では週末まで、関東から北では9日「成人の日」頃まで続く見込です。

1%e6%9c%885%e6%97%a5%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b3%e6%b0%97%e6%b8%a95日の予想気温(最高/最低)

(2017年1月5日 04:30更新)



トミーです。小寒から4日目を「寒四郎」と言い、この日の天気がその年一年の麦の収穫に影響があるとされ「麦の厄日」とのことです。また、小寒から9日目に降る雨を「寒九の雨」と言い、この日に雨が降ると豊作の兆しがあるとされています。急に寒くなり、太平洋側では空気も乾燥し、風邪やインフルエンザなど流行のピークになる時期です。体調の管理に注意して「寒の内」を乗り切りたいものです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。