【12/21 朝イチ!】暖かい「冬至」は珍しくない?

今日は今年最後の二十四節気の「冬至」(とうじ、英語: winter solstice)です。例年、冬至は12月22日ですが、閏(うるう)年の今年は、きょう21日になります。太陽黄径270度で北半球では太陽が軌道上の最も南に来るとき(南中高度が最も低い)で、夏至と反対に、一年で昼(日の出~日没)の時間が最も短い日になります。
昼間の時間は、南北に長い日本列島では北ほど短く、南ほど長く、北海道と沖縄では、札幌が那覇より1時間30分も短くなります。日の出は札幌で7時3分、那覇は7時13分で大きな違いはありませんが、日没は札幌で16時3分で、昼の時間が9時間ですが、那覇では17時43分で、昼の時間が10時間30分です。日没は東ほど早く、根室では15時47分で、那覇より2時間も早く、日が沈みます。東北~九州ではこの間で、東京の昼の時間は9時間45分、大阪は9時間50分、鹿児島は10時間9分です。
また、夏至の時の昼の時間との差も北ほど大きく、札幌は6時間22分もありますが、那覇は約半分の3時間18分です。東京は4時間50分、大阪は4時間38分、鹿児島は4時間7分で、東北~九州では6時間~4時間少なくなります。
%e5%86%ac%e8%87%b3%e3%83%bb%e5%a4%8f%e8%87%b3%e3%81%ae%e8%aa%ac%e6%98%8e

冬至・秋分・春分・夏至の太陽高度
冬至では太陽は南回帰線上にあるため、
北半球では昼が最も短く、夜が最も長い

冬至の日の今日の最高気温は全国的に気温が上がり、季節外れの暖かい陽気になる予報になっています。過去10年間(2006年~2015年)の主な都市の冬至の日の最高気温を調べると、平年より高い日(カッコ内は3度以上高い日)は、札幌で4回(1回)、東京で5回(3回)、大阪で5回(3回)、福岡で6回(3回)、那覇では4回(4回)で、4割~6割の確率で平年より高く、更に札幌を除き、3割の確率で「かなり高く」、冬至の日に気温が高く、暖かいのは珍しい事ではないようです。

12%e6%9c%8820%e6%97%a5%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b3%e6%b0%97%e6%b8%a9
21日の予想気温

(2016年12月21日 04:30更新)



トミーです。冬至は一年でもっとも太陽の力が弱まる日ですが、明日以後は再び太陽の力が勢いを増す事から、古来中国では「一陽来復」(いちようらいふく)と言って、冬至が新年とされ、この日を境に運が上向き、良くないことが続いている人も、冬至が来たら「これからは良いことがやって来る」と気持ちを切り替える日でもあるとのことです。また、冬至の日には、ゆず湯に入り、カボチャを食べる習慣があります。お湯に浸かる事はお浄めの意味があり、さらに香りの強い柚子を入れる事によって、邪気を払うといったこともあったようです。

12%e6%9c%8821%e6%97%a5%e5%86%ac%e8%87%b3%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bb%e3%82%86%e3%81%9a

カボチャは漢字で「南瓜」と書き、「なんきん」と読み、「ん」が2つあり、さらに運が良くなるように「ん」がつくカボチャを食べるようになったとのことです。冬至は暦では冬の真ん中で、「冬至冬なか冬はじめ」といい、寒さはこれからです。今夜はゆっくりゆず湯に入って、カボチャを食べて、新しい年も「無病息災」で過ごせるように願いたいものです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。