九州・四国からも初雪や初冠雪の便り

昨日の朝は、西日本ではじめて松江と鳥取から初雪の便りは届きましたが、昨夜は九州ではじめて福岡から、今朝は8時までに名古屋、京都、広島、岡山、下関、四国でははじめての徳島からもそれぞれ初雪の便りが届きました。(福岡は平年と同じで、昨年より2日早く、名古屋は平年より4日早く、昨年より33日早く、京都は平年より1日遅く、昨年より34日早く、広島は平年より5日遅く、昨年より19日遅く、岡山は平年より2日早く、昨年より33日遅く、下関は平年より4日遅く、昨年より1日早く、徳島は平年より5日早く、昨年より34日早い観測でした)。

12%e6%9c%8816%e6%97%a59%e6%99%82%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8a%e9%9b%b2%e7%94%bb%e5%83%8f
16日9時 気象衛星ひまわり雲画像
(日本海や東シナ海、西日本の太平洋側にも
筋状の雲が見られ、強い寒気が
日本に南下している事が分かります)

また、昨日は佐賀から九州で最初の 天山の初冠雪の便りも届きましたが、今朝は8時までに広島から極楽寺山、四国では最初の高松から讃岐山脈、大分から由布岳、そして鹿児島からは桜島の初冠雪の便りが届いています。(いずれも平年に比べ、天山は9日遅く、極楽寺は5日遅く、讃岐山脈は1日早く、由布岳は18日遅く、桜島は1日遅く、昨年に比べると、天山で18日遅い他は、19日遅い観測でした)。

12%e6%9c%8816%e6%97%a5%e6%9c%9d-%e6%a1%9c%e5%b3%b6%e3%81%ae%e5%88%9d%e5%86%a0%e9%9b%aa%e2%91%a1
12%e6%9c%8816%e6%97%a5%e6%9c%9d%e6%a1%9c%e5%b3%b6%e3%81%ae%e5%88%9d%e5%86%a0%e9%9b%aa16日朝 桜島の初冠雪
(今村さん撮影)

(2016年12月16日 09:00更新)



トミーです。今週に入り、この冬一番の寒波が襲来し、昨日から今朝にかけ、西日本でも初雪や初冠雪を観測し、暖かった西日本でもやっと冬になった感じです。ただ、昨日発表された1月予報では来週からは一転、全国的に気温が上がり暖かくなる予報です。寒さは長続きせず、暖かい年末年始になりそうです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。